Album限定の特典・サービスがある店舗

【那珂川市観光】ミリカローデンで岩戸神楽観覧|まちの伝統をつなぐお祭り

先日、ミリカローデンで行われた岩戸神楽を観覧してきました。

那珂川市に400年近く受け継がれてきた神秘的な伝統芸能です。

これからも那珂川市に長く受け継がれるように、岩戸神楽の魅力をご紹介します!

岩戸神楽とは?

岩戸神楽は、那珂川市の伏見神社で行われる郷土芸能のひとつで、毎年7月14日祇園崔の夜に奉納される神楽です。

五穀豊穣への喜びや感謝、また時節への祈りを込めて毎年開催されます。

福岡県の無形民俗文化財にも指定されており、400年近く続く那珂川市の伝統のひとつです。

神楽の舞は18番まであり、能の表情や曲調、舞の雰囲気も違い、どれも神秘的で飽きずに楽しむことができます。
最近では親子連れでの参加者も増えつつあり、会場では能にビックリする子などの声で賑わっています。

鬼が暴れまわる『荒神』の舞に登場する鬼に抱かれた子供は無病息災に育つと伝えられ、毎年県内外からたくさんの観光客が訪れています。

岩戸神楽の見どころ紹介

岩戸神楽は18番まであり、降神の舞、祓いの舞、能形式の舞に分類されます。

神の魂を鎮めるという神楽の意義にのっとり、神聖さや敬虔さを表す舞や、神話を元にした物語的な舞が中心となっています。

その中でもより神秘的だと感じた三つをご紹介します。

岩戸神楽敷蒔(しきまき)

五穀豊穣の喜びと感謝をあらわし、次の豊穣を祈るものです。

二人の巫が、両手に米を盛った折敷持って登場します。

四方を折敷で祓い清めますが、曲舞の神楽で折敷が飛んでしまわないよう舞うのが特徴です。

岩戸神楽事代(ことしろ)

恵比寿さんと呼ばれる事代主命の舞です。

岩戸神楽荒神(あらがみ)

子供の無病息災を祈る舞。

親子連れに人気の舞となります。

岩戸神楽を観覧|アクセス・時期

伏見神社の岩戸神楽が観覧できるのは毎年7月14日です。

次回開催は2020年7月14日!

ぜひ、那珂川市に受け継ぐ伝統的な舞を観に来てくださいね。

<開催場所> 
伏見神社  Google MAPで確認する ≫

〒811-1244 
福岡県那珂川市山田茶屋前880-1 
(西鉄バス山田バス停下車 徒歩3分) 

<出演> 
岩戸神楽保存会「珍楽社」 

お問い合わせ 
092-952-2092 
(那珂川市文化振興課) 

 

関連記事

  1. 【那珂川市エステ】5年後、10年後今よりもっと綺麗に♪隠れ家サロン エステティック ジュビラン be…

  2. 【那珂川市ランチ】コシがあり喉越しが最高な手打ち蕎麦が人気!!

  3. 地元の「うまい」を食べよう!|ゆめ畑那珂川店(JA筑紫)

  4. 【那珂川市】住吉神社発祥の宮、現人神社

  5. 【那珂川市グルメ】肉の加工卸をしているので低価格で味自慢の居酒屋。

  6. 【那珂川市習い事】パソコンスキルを学ぶなら!スクールPlady(プレディ)

  7. 【春日市ランチ】ハンバーグと言えばココ!安定の美味しさ!びっくりドンキー

  8. 翔愛めだか

    【早良区】100種類以上のめだかを飼育販売!めだか翔愛

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (26488)


    Fatal error: Allowed memory size of 134217728 bytes exhausted (tried to allocate 6291656 bytes) in /home/indexmotion/www/album2/wp-includes/class-walker-comment.php on line 180